Beauty

ピックアップ

目の下をキレイに

目の下がキレイな人は、若くて美しい人。そういう判断基準があります。そこに居座るクマをマッサージやスキンケア、クリニックの施術で解消すると、キレイにすることが出来ます。

詳細を確認する

美容整形の選び方

美容整形外科での治療には料金が発生します。金額をかけてキレイになるのですから、より良い場所を選びたいものです。インターネットなどで情報を確認し、サービスや技術力を確認して最適な場用を見つけましょう。

詳細を確認する

目元から若返る

目元周辺のトラブルにたるみやくまなどがあります。目元トラブルを解決することでアンチエイジング効果があります。美容整形外科では、様々な方法で解決できるので、目元トラブルに悩んだら足を運んでみましょう。

詳細を確認する

トピックス

目のたるみを解決

目のたるみは、マッサージや温かいタオルを使うことである程度改善することができます。美容整形外科では、ヒアルロン酸やホルモン等を打つ方法もありますが、治療効果は人それぞれなので医師とよく相談してたるみを改善しましょう。

詳細を確認する

ダメージの奥まで届く

ニキビ跡は自宅療法だけで行なうとなおすのが難しいとされています。レーザー治療ならば、複数の治療方法が用意されており、あなたに合った方法があるかもしれません。前もって学習し、医師と相談することで解決の糸口が見つかるかもしれません。

詳細を確認する

ほくろに有効な一手

レーザーや切開などの方法があります

ほくろ除去にはいくつかの方法があります。どの方法を選ぶかは、ほくろの大きさに関係しています。ほくろの範囲と盛り上がり具合で処置が違います。 小さいほくろの場合には、現在ではレーザーで治療することが一般的です。盛り上がりのあるほくろの場合、炭酸ガスレーザーを使用します。炭酸ガスレーザーは組織の水分に反応し、強力な熱を発生させることで組織を破壊しほくろ除去を行います。中までくりぬくという表現がされることがあります。盛り上がりと根元の部分まできれいに除去します。色素に反応するレーザーは、小さくて盛り上がりのないほくろ除去に使用します。黒い色にのみ反応するレーザーで、ほくろ以外の皮膚を傷つけることがありません。ほくろが直径10ミリ以上で大きい場合は、皮膚を切開してほくろ除去を行い、縫合します。 クリニックによって方法は色々あり、保険診療が可能な場合もあるので、カウンセリングできちんと相談します。

ほくろの性質によっては保険が適用され安く手術を受けることが可能です

ほくろは悪性の場合もあります。色が変わってきたり、形が変わってきたときには注意が必要です。色が変わったり、形が変化してきたほくろを除去する場合には、病理学検査の目的もあるため、保険適用で手術を受けることができます。美容皮膚科だけではなく、一般の皮膚科でも手術を受けることができます。切除したほくろが悪性かどうか検査することも可能です。保険適用のため3割負担ですみます。 ほくろの数が多い、大きくて目立つなどの場合、一度の施術ですまない場合があります。数が多い場合は、一度に数個除去することはできますが、あまり多い場合には、数回通う必要があります。レーザー治療の場合も、根が深いほくろの場合、一回では除去できない場合があります。施術後の赤みが消える数か月後に、もう一度レーザーを照射します。数回通うことになりますが、目立つほくろから解放されることができます。