目の下をキレイに

目の下がキレイだと若返る

寝不足でクマができるとよく言いますが、そうでなくてもクマができる原因があります。クマができていると老けて見える、疲れて見えますね。シミしわに続く老け顔の代表格ですが、若くても冷え性だったり、目を酷使しているため、いつも目の下が黒ずんでいると残念です。 クマには種類と対策を知ることで自分に効果的な解決方法が見つかるはずです。青いクマは結構が悪いとできます。目の下を抑えると色が変わるのが特徴です。 黒クマは皮膚のたるみで影ができている状態で、上を向くと良くなるタイプです。茶色いクマは色素沈着で触ったり向きを変えても変化しません。それぞれ原因が違うので、同じ方法では解決しません。 目の下のクマを改善するだけで女性は若くて美しいイメージに早変わりします。

クマの色に合わせて対策

青、茶、黒、それぞれのタイプに合わせた改善方法が知られてきました。結構不良が原因の青クマには、血行を良くするマッサージやレチノールの入った化粧品でコラーゲンを増やすことで改善します。体を冷やす食べ物を避けたり、体を温める食べ物も効果的です。血行を良くすることがポイントですね。 皮膚のたるみが原因で目の下が黒い場合は、レチノール配合の化粧品やスキンケア、たるみを防ぐ表情筋トレーニングも人気です。目の周りだけでなくアゴまわりなど老化が現れやすい顔の筋肉を鍛えてスッキリ美人をキープしましょう。 茶色は色素沈着が原因なので、マッサージが逆効果になってしまいます。目をこするクセがある人にも多い症状です。UVケアや美白ケア、ビタミンの多い野菜や果物をとりましょう。