お金がたまらない環境的要因

成功をさまたげていた意外なモノたち

 出費ばかりしてお金がたまらない。いったい何が悪いのだろう。
基本的にお金を増やす方法は、収入を増やす事、支出を減らす事、投資などでお金に働いてもらう事と言われています。
 ここでは基本的な方法に、環境的な要素をプラスすることを提案をします。

収入があるのにお金がたまらない

 家の中のモノが多過ぎるために、家にあるものを把握できずに、家にまだあるにもかかわらず購入してしまう傾向にあります。
 一つ一つは小さい出費に見えますが、家にモノが多い状態が長く続いていると、積み重なって出費も大きくなっていきます。
さらにモノが増えるのに拍車をかけているのは、家に同じジャンルのモノがあるにもかかわらず、自分の見栄で高級品を買ってしまうことです。品質にこだわるならまだしも、見栄で高級品を買って心から称賛してくれるのは売り手と自分だけです。

家がスッキリするとなぜお金が増える?

 実際やってみると実感できることでしょう。家の中のモノを片づける中で、モノを減らせば減らすほど、お金を無駄に使っている理由があちこちにあぶり出されてきます。    
 片づけの過程で処分されるモノを値段で換算してみると、予想以上の額となって唖然とする事でしょう。
 私が家の片づけをしていた時、処分の分類されたモノがまだ使えるので、フリマアプリで売ったら合計数万円の金額になりました。
しかも購入して下さった人の中には、差し迫った様子で「これをお安く購入したかった。」と感謝して下さる人もいて、この部屋にずっと置いておくくらいなら、片づけて良かった、と心から思いました。

 他にも仕事のアイデアのヒントとなる書類が、モノの奥に埋まっていたり、悩んでいた事のヒントとなるモノが、収納庫の奥から出てきたりしました。
 もし片づけなかったら、ヒントになるモノの存在に気づかずに、新たに本を購入して更にモノを増やしていたことでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました