古い縁起物を処分した

処分に困るモノたち

古くなった縁起物をどうするか

不用品を整理し始めると、前の年に神社で購入した金運の縁起物や干支の置物が出てきた。そういう縁起物は何だかゴミ箱に捨てにくくて、ついつい残してしまう事はないでしょうか?

寺・神社で入手したもの

お守りや、お札、破魔矢(はまや)など可燃ゴミにさせる材質のものは、正月明けのどんど焼きに出すことができます。しかし陶器の置物や土鈴といった縁起物は可燃でない理由でどんど焼きやお焚き上げに出すことが出来ないケースが多いようです。
もっとも干支の置物は年が過ぎても厄除けとして飾ることはできますが、毎年入手しなくてはいけないような義務感にかわれて購入する人は干支の置物がどんどんたまっていって、処分を考える人もいることでしょう。
お寺や神社にお任せしたい人はめんどうではありますが、電話・メールで問い合わせをした方が確実でしょう。
家で処分する場合は、清めの粗塩をかけてから半紙で包んで、指定のゴミに出す方法もあります。

 私の家でも毎年購入した干支の置物がたまっていました。今年のどんど焼きに持っていけないだろうかと最寄りの神社を調べたところ、やはり持ってきても良いものは可燃ゴミにできるもの、とのことでした。仕方がなく粗塩で清めてから半紙に包んで、指定のゴミの日に感謝の気持ちを込めて処分しました。神社によっては干支の置物は大目に見てくれるところもあるようです。

知人や身内からいただいたものや、旅行先で買ったもの

人から貰ったお守りや縁起物は、何だか念がこもっているようで処分しにくいものです。
ほかには学生時代の修学旅行や、部活で必勝祈願したもの、あるいは旅行先で購入した縁起物なども、なかなか処分できないのではないでしょうか。

 かくいう私も知人から頂いたり、入学や資格試験で合格祈願した時の縁起物が捨てられなくて、いつまて経っても残していました。
今回はどうしても家の中をスッキリしたい目的があったので以下の通りに頭を切り替えることにしました。
それらの縁起物は、入手してから何年経ったのでしょうか?その縁起物はもうとっくに役目を終えているかもしれません。その役目を終えた縁起物は誰から気に留められることもなくホコリをかぶってしまっています。はたしてこんな状態でホコリをかぶっているのと、感謝の気持ちを込めて処分されるのとは、縁起物にとってはどちらがいいのでしょうか?
 そう考えて数々の縁起物を処分することが出来ました。処分方法はお寺や神社の縁起物と同じ方法で良いと思います。

私は縁起とは、目的に向けてのモチベーション・やる気を保つものとして捉えています。縁起物は目に見えるものなので、頭の中で考えているだけ志を忘れないでいられます。「縁起物はワタシの決心を見える化したもの」と考えます。
目的が達成されたときには、感謝の気持ちを込めて手放すことを考えます。後々もマメに手入れできるのなら残しておいても良いと思うのですが、多分そのケースは少ないことでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました