人間関係が上手くいかない

散らかった モノがあなたのジャマをしていた意外な現実

仕事関係

 仕事上では本来、業務を滞りなく効率よく行うために、人間関係が存在います。
同業関係、異種関係、もっと掘り下げると上下関係、ライバル関係に至りますが、その中には、嫉妬やイライラからのストレス解消といったモヤッとするものまで存在しています。
 出来ればワクワクとまでいかなくとも、穏やかな気分で業務をこなした方が、身体にも良いし、業務もより進みますね。
 それには自分という人格が、どの程度整理できているかが関係することがあります。
心の中ばかりでなく、所有物まで。
 もちろん、思わぬ出来事が振りかかって来ることもありますが、普段の自分の在り方によっては、この思わぬ出来事の対処の仕方に影響してくることは、否定はできないことです。

家族間、親戚

 自分で選ぶことのできない人間関係と言えます。
身内では、外の人間関係と違って、言いたいことを言い合う関係なので、
それで絆が深まる事もあれば、いさかいになる事もあります。
 子供が困った行動を起こしても、自分の子供の頃を思い出すとよく似た出来事があったり、逆に自分がある程度の年齢になって、昔の親と同じ行動を取っていることに気がついて、呆れかえることがあります。
 たとえ、関係がもつれにもつれて断絶同然となった身内でも、他人とは違う縁を感じるのは不思議な事です。

外出先で見ず知らずの人と

 言わば「他人」なので、無責任な関係とも言えます。
その無責任な関わりゆえに、自分の本質が出てくることがあるので、個人的にゾッとすることもあります。
 上手く自分を繕っていても、「他人」がゆえにばればれになる事があります。見ず知らずで、身内や立場のフィルターがないので、純粋な目で見られるからでしょう。
 
 見ず知らずに人に会っても、恥ずかしくないようにと思うのか、別に知らない人だからどうでもいいと思うかは、その人次第ですが、
自分にとってどちらの方が良いのかと思うのはやはり自分の置かれた環境次第でしょう。

人間関係を変えるトリガー

 よくある人間関係を3つほど取り上げてきました。関係を良好したいがどうしても空回りするような時は、環境を変えることが効果がある手段の一つだと言われています。
 環境を変えるのに、私が提案する方法は「片づける」ことです。
片づける過程で、モノの分別をして、見極めて処分して、種類別に片づけていきます。無心に片づけていくと、モノを大事に扱うようになり、次第に人間関係も丁寧になってきます。
片づけてモノがすっきりして来ると、スペースの余裕、モノを探さない事による時間の余裕、部屋に人に見せられる余裕、自然に人に対しても余裕が出てきます。
片づけの対象は「モノ」ですが、人間関係を見直すトレーニングになります。

 


コメント

タイトルとURLをコピーしました